2012年

6月

28日

ユーロスペース 初日舞台挨拶決定!

ユーロスペース初日、6月30日(土)各回上映前に岩佐寿弥監督、絵描きの下田昌克さんはじめ、『オロ』スタッフが舞台挨拶します。

製作着手から3年、完成した『オロ』にはほんとうにたくさんの人が関わってきました。映像関係、音声関係、音楽、絵とアニメ、チベット語翻訳、字幕制作、宣伝デザイン、宣伝マン、映画館の人びと…。一本の映画は多くの人の才能に支えられています。そして、その映画の中心に監督がいます。岩佐監督は舞台挨拶で映画を共に作ってきたスタッフに感謝し、ひとりひとり紹介したいと言っています。あまり長くならないようにやりましょうね、監督!

残念ながら、音楽を作った大友良英さんは新潟で美術展の準備をしていて舞台挨拶に参加できません。挨拶代わりに読み上げるコメントを頼んだら、昨夜メールがきました。当日も読み上げますが、ひと足先にここで公開しちゃいましょう。 

 

「現在、新潟の水と土芸術祭で、飴屋法水さんたちとともに
 展示作品を作っている最中で、残念ですが、会場に伺えません。
 
 もともとチベットに縁のなかったわたしが、この作品の音楽を
 受けることになったのは、なによりも
 音楽がつく前のオロの映像を見て、
 これは単にチベットの問題を描いているのではなく
 もっと普遍的な、自分自身にもシンクロしてくるような
 人間が生きていくということを描いているんだなということと、
 谷川さんがおっしゃてたように
 どんな大きな問題や事件でも、実際にニュースになるような
 決定的な瞬間とは別に、渦中の人々にとっては、その後も
 長くつづく日常の問題としてそれはあらわれてくるんだという
 ことを、自分自身も身をもって知る中で、 
 ひとつひとつの事象に丁寧に向き合う監督やスタッフの姿勢に
 打たれた・・・というのが大きな理由です。
  
 それにしても、彼はどんな大人になり、どんな人生を歩んでいくのかな。
 そのとき、世界はどんな風になっているんだろうか。
 新潟の地で、作品をつくりながらふとそんなことを考えてます。」

 

 2012年6月27日  大友良英


自主上映の手引きを読み、申込みができます。
自主上映の手引きを読み、申込みができます。
Please watch the English trailer!
Please watch the English trailer!

オロ上映活動記録

2013年

9月

21日

岩佐監督、いい映画でした!

5月4日、岩佐寿弥監督が亡くなりました。翌日5月5日は江戸川区小松川区民館ホールで上映会でした。「メイシネマ映画祭」のトリで『オロ』が上映されました。上映後、岩佐監督の突然の訃報を観客に話しました。スタッフの話は涙声になりました。観客も泣きました。その後、「メイシネマ映画祭」の主催者・藤崎和喜さんから、その日の観客のひとりだった映画監督・編集者の四ノ宮鉄男さんの感想が転送されました。とてもすばらしい内容だったので、以下に紹介します。岩佐監督が読んだら、どんなに喜んだろうか…。

続きを読む

2013年

3月

07日

津村カメラマン、J.S.C賞授賞式で感動

映画・テレビの撮影監督・カメラマンの協会である日本撮影監督協会の賞を『オロ』の津村和比古カメラマンが受賞しました。

続きを読む

2013年

3月

07日

長野大作戦、大成功!

報告が大分遅くなっちゃいましたが、長野市、松本市、上田市を巡業した長野大作戦は大成功。長野ロキシーの田上支配人とスタッフのみなさん、松本シネマセレクトの代表・宮崎さんとスタッフのみなさん、そして上田の実行委員会の飯島俊哲さん、直井恵さん、ボランティアのみなさん、ありがとうございました。

続きを読む

2012年

11月

14日

長野大作戦、はじまる!

12月に入ると長野県の長野市、松本市、上田市で『オロ』が上映されます。12月1日(土)から二週間、長野市の「長野松竹相生座・ロキシー」にて公開。12月1日(土)の夜は松本市中央公民館で上映会。NPO法人「松本シネマセレクト」の主催です。そして12月16日(日)は上田市にある「映劇」で自主上映会。地元の人たちによる上映実行委員会ががんばります。

続きを読む

2012年

10月

25日

札幌、長崎、那覇、仙台で順次公開!

開館20周年を迎えた札幌の伝説的ミニシアター「シアターキノ」、長崎県に唯一残るミニシアター「長崎セントラル劇場」、映画監督・中江裕司さんが率いる沖縄インディーズの拠点「桜坂劇場」、杜の都・仙台のまちなか映画館「桜井薬局セントラルホール」。北と南で映画文化を守る個性的な映画館で『オロ』が公開されます。

続きを読む

2012年

10月

07日

感動の輪が広がったUNHCR難民映画祭

第7回UNHCR(国連高等難民弁務官事務所)難民映画祭で『オロ』は2回上映された。10月1日(月)明治大学和泉キャンパス図書館ホール、10月6日(土)セルバンテス文化センター東京。両会場ともに満員。セルバンテス文化センターでは155席の会場に200名以上が詰めかけ、数十名の方々にはやむを得ず入場を断念していただくという状況になった。

続きを読む

2012年

9月

01日

大分シネマ5で9/22(土)より!

ついに大分シネマ5の代表であり、映画興行界の論客として有名な田井肇さんから「オロやります」の電話あり。うれしい。

続きを読む

2012年

8月

18日

富山フォルツァ総曲輪/横浜シネマジャック&ベティで岩佐監督のトーク決定!

フォルツァ総曲輪で8/25(土)14:40の回上映後、横浜シネマジャック&ベティで8/26(日)13:50の回上映後に岩佐寿弥監督のトークショーがあります。

続きを読む

2012年

8月

18日

広島・横川シネマで9/8(土)より!

広島市にある映画愛好者による、映画愛好者のためのミニシアター横川シネマで9/8(土)より公開決定。

続きを読む

2012年

8月

04日

熊本Denkikanで8/25(土)より!

明治44年開業という熊本の伝説的映画館Denkikanで8/25(土)より公開が決まりました。

続きを読む

2012年

6月

23日

UNHCR難民映画祭2012正式出品決定!

国連難民高等弁務官事務所が主催するUNHCR難民映画祭から正式出品の要請あり。会期は2012年9月29日(土)〜10月8日(月)。

続きを読む

2012年

6月

14日

横浜シネマ・ジャック&ベティで8/25(土)より!

横浜の下町・黄金町にある名物映画館シネマ・ジャック&ベティで8/25(土)より公開。

続きを読む
オロ上映活動記録  2012〜
オロ上映活動記録 2012〜